2019年 CROWDSTRIKE SERVICES サイバーセキュリティ最前線レポート

2019年のインシデント対応とプロアクティブサービスの最前線から得た知見と2020年にとって重要な提言

2019年 CROWDSTRIKE SERVICES サイバーセキュリティ最前線レポート

2019年、CrowdStrike®Servicesチームは、幅広い地域の公共機関、民間産業、政府機関内のさまざまなデジタルメディアにおいて、インシデント対応、プロアクティブサービスを実施いたしました。その中で新たな攻撃者グループ、新たな攻撃手法、および新たな課題や事実に直面しました。

このレポートでは2019年にCrowdStrikeが対応・修復したグローバルインシデントにおいて観察した傾向とテーマを主に扱っています。

調査結果から得られた重要なトレンド:

  • 主な攻撃の目的として、ビジネスの混乱が出現
  • 関連事業者などサードパーティへの侵害を足がかりにする攻撃が機能した理由
  • macOSマシンが今や明らかに攻撃者グループの攻撃対象になっている

攻撃に対して組織がどの様な対応を行うことができるかについても
合わせてご紹介しています。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード