中堅・中小企業におけるランサムウェアの現実

中堅・中小企業におけるランサムウェアの現実

ユーザーのファイルやコンピューターを人質に取り、身代金が支払われるまでアクセスを妨害する「ランサムウェア攻撃」は、あらゆる企業をターゲットとします。ランサムウェア攻撃では、ビッグゲーム・ハンティング(big game hunting)と呼ばれる、大企業を狙って大金を手にしようとする攻撃パターンが増加しているものの、中堅・中小企業 / 組織を狙った攻撃も頻繁に発生しています。この対象には、一般的に攻撃に対してより脆弱と考えられている政府や地方自治体も含まれます。どのような形態・規模の組織も、常に警戒を怠らず、セキュリティを最優先に据える必要があります。

このホワイトペーパーでは、ランサムウェアが中堅・中小企業の組織に与える影響を説明します。また、脆弱性の増加要因を探り、組織の安全性を確保するためのアドバイスを提供します。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード