CrowdStrike に関するTotal Economic Impact
「経費の削減およびビジネス上の利益」

Falconは、3か月未満で316%のROIと投資回収を実現

CrowdStrike に関するTotal Economic Impact「経費の削減およびビジネス上の利益」

Forrester Consultingは、CrowdStrike®から委託された、Total Economic Impact™(TEI)調査を実施しました。この調査では、クラウドで提供される主要なエンドポイント保護プラットフォームであるCrowdStrikeFalcon®を導入することで、モデル組織が実現できる投資収益率(ROI)が調査されます。

Forresterは、顧客へのインタビュー、独立した分析、および財務モデリングに基づいて、顧客がFalconプラットフォームを実装することで次のメリットを得ることができると判断しました。

  • 保護の強化:継続的なリアルタイムの監視、検知、防御機能を通じて実現される、230万ドルに相当するデータ侵害のリスクの低減
  • 複雑さの軽減:セキュリティサービスをFalconの単一の軽量なクラウドネイティブエージェントに統合することにより、210万ドルの節約
  • 組織の俊敏性:グローバルサポートネットワークと、IT環境内のすべての管理対象デバイスと管理対象外デバイスのリアルタイムおよび履歴の可視性により、調査速度が88%向上
  • 景観認識:Falconが提供する市場をリードする脅威ハンティングサービスにより、封じ込め時間を92%削減し、誤検知なし
  • 従業員の効率:最先端のAI /機械学習テクノロジーにより、サイバーチームのサポート活動を90%削減

Forresterは、モデル顧客がこれらの領域で670万ドルの累積節約を生み出すことができると推定しており、3か月未満で投資回収で推定316%のROIを表します。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード