(終了)ランサムウェアの進化:
新たな攻撃トレンドとメソッドから組織を保護する方法

 2020.07.13  EDR実践ポータル

ランサムウェアの急激な成長により、ランサムウェアは世界中のエンドユーザーに蔓延し、絶え間ない脅威になっています。 ビジネスの規模、業界、場所に関係なく、ランサムウェアを防止することは、財務的な観点からもブランドの評判にとっても、組織の健全性にとって重要です。

このウェビナーでは、攻撃者グループがさまざまなターゲットに対してランサムウェアをどのように展開するか、またランサムウェアがどのように進化し続けているかについての最近の情報をお届けいたします。またクラウドストライクは機械学習や振る舞いでどう検知・ブロックするか、対応策についてもご紹介いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

タイトル ランサムウェアの進化:新たな攻撃トレンドとメソッドから組織を保護する方法
日時 2020年7月29日(水)16:00〜16:50
形式 オンラインウェブセミナー
(Zoomウェビナーを利用して配信いたします)
主催 クラウドストライク株式会社
お申し込み/詳細 お申し込みはこちら

※内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※エンドユーザ企業のご担当者様を対象としたウェビナーです。対象以外の方からお申し込みいただいた場合には、お断りさせていただく場合がございます。

scott-jarkoff
Scott Jarkoff
(スコット・ジャーカフ)

CrowdStrike Director, Threat Intelligence APJ
前・米国防省
サイバーセキュリティチーフ

ジャーカフは、顧客組織のセキュリティ戦略において脅威インテリジェンスを運用かつ統合することを支援し、CrowdStrikeの脅威インテリジェンスの価値を実証しています。CrowdStrike脅威インテリジェンスグローバルチームに所属し、東京を拠点として日本を含むアジア太平洋のエリアを担当しています。 防衛グレードのサイバーセキュリティとインテリジェンスの分野において20年以上のキャリア経験があります。日本及び海外のイベントに定期的に出席し、日本のメディアからサイバーセキュリティのニューストピックについて頻繁にインタビューを受けています。

takashi-kawakami
川上貴史


クラウドストライク 株式会社
セールスエンジニアリング部
セールス・エンジニア

川上は、北海道大学大学院電子情報工学専攻修了、その後15年以上のインフラ・エンジニアの経験と8年のセキュリティ・エンジ ニアの経験を有しています。いくつかの外資系セキュリティベンダーを経て、現在はクラウドストライクのセールスエンジニアとしてプリセールス活動に従事しています。

クラウドストライク以前は、マイクロソフト、マカフィーでサイバーセキュリティ関連製品のプリセールスエンジニアとして多くの案件に携わり、この分野の講演経験も豊富です。

 

お申し込みは締め切りいたしました