(終了)調査と並行して行う迅速な侵害端末復旧サービス

 2020.09.03  EDR実践ポータル

一般的に侵害調査の後、侵害に関する調査結果や今後のアドバイスがレポートとして提供されますが、そこで終了です。侵害された端末自身の復旧は自組織で行うか、または対応者を探すことになります。
侵害調査後の端末復旧も調査会社が行ってくれればと思ったことはございませんか?クラウドストライクが提供するERS(ENDPOINT RECOVERY SERVICES)は調査を行いながら侵害端末の復旧を可能とするサービスです。ERSにより迅速に侵害端末の復旧を弊社がサポートします。
このウェビナーではこのERSサービスを中心にご紹介いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

タイトル 調査と並行して行う迅速な侵害端末復旧サービス
日時 2020年09月25日(金)11:00〜11:50
形式 オンラインウェブセミナー
(Zoomウェビナーを利用して配信いたします)
主催 クラウドストライク株式会社
お申し込み/詳細 お申し込みは締め切りいたしました

※内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

鵜沢 祐一
鵜沢 祐一

CrowdStrike Services
プリンシパルコンサルタント 鵜沢 祐一

鵜沢は 15 年以上のネットワークエンジニアの経験と 10 年のフォレンジック エンジニアの経験 を有しています。CrowdStrike では、クライアントへインシデントレスポンス、侵害調査等の サービスをワールドワイドに提供しています。
CrowdStrike 以前は、Symantec でリード インベスティゲーター としてフォレンジック調査、 インシデント レスポンス対応やセキュリティトレーニング等 インシデント レスポンスに関連し たサービスをクライアントに提供。ベライゾンでは、日本国内でのインシデント レスポンス サービスを立ち上げ、APAC のリード インベスティゲ ーターとしてインシデント レスポンス対 応やセキュリティトレーニング等をクライ アントに提供しました。