(終了)【ウェビナー】日本への攻撃:サイバー攻撃で
日本を標的とする攻撃者グループ(最新情報)

 2020.05.15  EDR実践ポータル

日本はアジア太平洋地域において経済的および文化的に影響力を持つ主要な国のひとつです。このため、日本の政府、企業、および研究機関などはサイバーの世界においても、洗練された国家主導の攻撃者グループ、eCrime(サイバー犯罪者)、そしてハクティビストの標的となっています。

このセッションでは、最新の日本におけるサイバー脅威の状況を探り、日本を標的とした特定の攻撃、重要な世界的脅威の傾向に触れ、予防的防御とリスク軽減のために組織が総合的な脅威インテリジェンス戦略をどのように活用すべきかについて議論します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

タイトル 【ウェビナー】日本への攻撃:サイバー攻撃で日本を標的とする攻撃者グループ(最新情報)
日時 2020年5月27日(水)16:00〜16:50
形式 オンラインウェブセミナー
(Zoomウェビナーを利用して配信いたします)
主催 クラウドストライク株式会社
お申し込み/詳細 お申し込みはこちら

※内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

Scott Jarkoff
Scott Jarkoff
(スコット・ジャーカフ)

CrowdStrike
Director, Threat Intelligence APJ
前・米国防省サイバーセキュリティチーフ

ジャーカフは、顧客組織のセキュリティ戦略において脅威インテリジェンスを運用かつ統合することを支援し、CrowdStrikeの脅威インテリジェンスの価値を実証しています。CrowdStrike脅威インテリジェンスグローバルチームに所属し、東京を拠点として日本を含むアジア太平洋のエリアを担当しています。 防衛グレードのサイバーセキュリティとインテリジェンスの分野において20年以上のキャリア経験があります。日本及び海外のイベントに定期的に出席し、日本のメディアからサイバーセキュリティのニューストピックについて頻繁にインタビューを受けています。

 

『登録受付終了』