(終了)CrowdStrike Forum – Virtual Showroom
IDC Japan による効果的なセキュリティ対策提言
そして実際の攻撃被害、脅威インテリジェンスから紐解く課題と脅威

 2020.04.13  EDR実践ポータル

地政学的に特異な環境にある日本においては、境界のないサイバーの世界も同様、脅威は地政学にも影響され、グローバルとは異なる状況を抱えています。

このCrowdStrike Forum - Virtual Showroomでは、弊社のプロフェッショナルサービスが手がけた実際の被害の現状、脅威インテリジェンスの最新情報をお届けすると共に、IDC Japan様より、国内で抱えるサイバーセキュリティの課題と脅威リスクを踏まえ、対策をどのように推し進めていくべきかについてご講演いただきます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

概要

タイトル CrowdStrike Forum – Virtual Showroom
IDC Japan による効果的なセキュリティ対策提言
そして実際の攻撃被害、脅威インテリジェンスから紐解く課題と脅威
公開期間 2020年5月31日まで
対象 ユーザ企業のITセキュリティに関わるご担当者
主催 クラウドストライク株式会社
お申し込み/詳細 お申し込みはこちら

セッション

時間 セッション
30min

Attacking Japan:
What Adversaries are Targeting Japan and Why?『English/日本語同時通訳』

Director, Threat Intelligence APJ
Scott Jarkoff
(スコット・ジャーカフ)

日本はアジア太平洋地域において経済的および文化的に影響力を持つ主要な国のひとつです。このため、日本の政府、企業、および研究機関などはサイバーの世界においても、洗練された国家主導の攻撃者グループ、eCrime(サイバー犯罪者)、そしてハクティビストの標的となっています。 このセッションでは、現在の日本のサイバー脅威の状況について説明するとともに、重要なグローバルの動向もお届けいたします。

33min

The Cyber Frontlines Report 『English/日本語同時通訳』

Director, Services APJ
Mark Goudie
(マーク・ガウディ)

CrowdStrikeが毎年リリースしているレポートの一つに、実際にプロフェッショナルサービスチームがインシデントレスポンスや侵害調査に関わった事案を基にした報告書があります。年明けにリリースされたレポートから最新の被害の現状をご紹介いたします。

15min

日系企業が直面したケーススタディと弊社サービスについて

プリンシパル・コンサルタント
鵜沢 裕一

CrowdStrikeは日本でもインシデントレスポンスや侵害調査などのサービスを提供しています。日系企業が直面したケース概要をご紹介するとともに、プロアクティブなサービス概要もご紹介いたします。

26min

サイバーセキュリティ市場動向2020
~効率的なセキュリティ対策の実現~

IDC Japan株式会社
ソフトウェア&セキュリティリサーチマネージャー 
赤間 健一

地政学的リスクが高まる中、オリンピック/パラリンピック開催の日本でもサイバー攻撃の増加が懸念されています。セキュリティ被害は金銭の搾取だけでなく、ビジネスの継続をも脅かす状況にあります。経営層のリーダーシップによる攻めの投資がDXを進める企業に着目されていますが、一方で、セキュリティが経営に影響を与える要素となっているのです。現場ではセキュリティ対策の負荷が増加し、「セキュリティ疲労」が蓄積、人材不足とともに課題となっており、必要十分で効率的なセキュリティ対策が求められています。
本セッションでは、現状の課題と脅威リスクを踏まえ、セキュリティ対策をどのように推し進めていくべきかについてお伝えします。

26min

クラウドストライク Falcon Platform 全体像をご紹介

セールスエンジニア
鈴木 滋

CrowdStrikeが提供する製品/プロフェッショナルサービス/脅威インテリジェンスがどのように連携し、お客様に付加価値を提供しているかをご紹介いたします。

 

※ 本セミナーはオンデマンド形式によるウェビナーです。お申込み後にページをご確認いただきビデオをクリックいただくことでいつでもご視聴いただけます。

 

『登録受付終了』